高齢者の転倒を予防するためには?高齢者と一緒にお住まいの方必見です!

年を重ねると筋力が低下し、若い人や健康な人に比べて転倒のリスクが高くなります。高齢者の転倒は大怪我につながる可能性もあり、非常に危険です。そこで今回は、高齢者の転倒が多い原因とその予防策をご紹介します。高齢のご家族の歩行に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ高齢者の転倒が絶えないのか?

高齢者が転倒しやすくなる要因は大きく4つあります。

1つ目は、加齢による身体機能の低下です。具体的には、視力の低下や脚の筋力の低下が挙げられます。これら身体機能の低下によって、バランスを崩しやすくなり、本人が思っている動作と実際の動作に差が生まれて、その結果転倒してしまいます。さらに、感覚の鈍化による注意力の低下なども転倒に大きく影響します。

2つ目は、運動不足です。体を動かす機会が減ると、運動機能や感覚機能が衰えてしまいます。日頃から体を動かす機会を作り、身体機能の維持・向上を目指しましょう。

3つ目は、病気や薬の影響です。病気や服薬している薬の副作用の影響で転倒しやすくなる場合があります。特に、薬の副作用が転倒を誘発させる可能性があることを知らない方も多いので、ぜひ覚えておいてくださいね。

4つ目は、生活環境です。誰しもが濡れた床で足を滑らせたり、置いてある物につまずいたりするなどの経験をされたことがあるでしょう。高齢者の方は、これらの転倒が大怪我につながる可能性が非常に高いです。手すりやスロープを設置するなどして、転倒するリスクをなくしましょう。

転倒を予防するためには?

転倒を防止するためには、普段生活している場所で転倒しやすい場所はないかチェックすることが非常に重要です。チェックするための合言葉として「ぬかづけ」という言葉をご紹介します。

  • 「ぬ」は「ぬれているところは滑りやすい」
  • 「か」は「かいだんや段差のあるところは転びやすい」
  • 「づけ」は「かたづけてない場所はつまづきやすい」

また、普段から意識して身体を動かすようにすることで転倒を防止できます。しっかり歩くようにすれば転倒の半分は防げると言われています。もし毎日歩くのは負担が大きいという場合は、当社の「ファン&ファン」がおすすめです。ファン&ファンは、座りながら歩行機能を鍛えられる歩行訓練器です。さらに、家の中も極力移動しやすいようバリアフリーにした方が良いでしょう。段差をなくしたり、手すりを設置したりしてみてください。

まとめ

今回は、高齢者の転倒が多い原因とその予防策をご紹介しました。
本稿を参考にしていただければ幸いです。
ぜひ、高齢のご家族へのギフトとしてファン&ファンを検討してみてください。

この記事を書いた人